2005.01.30

国際フィッシングショー2005

2005013001王様こと村田基詣でを目的に、幕張メッセで開かれている国際フィッシングショー2005に行ってきました。
去年よりもやや早めにクルマで出発して、渋滞に引っかからないようにして幕張に向かいおよそ1時間ちょっとで到着。知人とアレコレ見て回り、各社ブースで行われる王様トークショーの時間をチェキ。ホントは「ルアーマガジン」にタイムスケジュールが載ってたんだけど、持ってくるのすっかり忘れてたモノで。

いちばん時間が近かったのがラパラジャパンのブースでのトークショーだったのだが、10分チョイ前からステージ前にいてモニターとか見ていたら、なぜか最前列に(笑)。うわぁ、オレいま釣具屋のオッサンのステージにかぶりつきだよ。柄にもなくちょっと感動。:-D
しかし王様はちっこいステージを左右にうろちょろしてトークするので、最前列だとこっちも首を左右に振らないといけなかったのでちょいと疲れました。

相変わらずのウエスタンルックで、同年代の親父連中に比べればかなりかっこいいのではありますが、やはり腹回りは中年を主張していたことに気づいてしまいました。(笑)

2005013002オッサンの追っかけをひとしきり堪能して、あとは各メーカーのタックルを見て回る。今回はどちらかというとエリアフィッシング用のタックルばかり見てた感じかねぇ。
シマノのブースではステラさわってちょっと驚愕してみたり。欲しいと言えば欲しいがこの金額出す気にはなぁ。
管理釣り場でのトラウトフィッシングでは、今までは基本的にスプーンしか使っていなかったので、今年はミノーなどのプラグも使っていくべく揃えていきたいかね。前にミノーで釣ったときは、途中でラインブレイクしちゃってミノー持ってかれちゃったんだっけ。

2005013003「特定外来生物被害防止法」オオクチバス対象指定の話でルアーフィッシング周りがにわかにアツくなった今回のフィッシングショーですが、まぁそんなに長居するのもアレだし、かぶりつきで本懐も遂げられたので、14時半前に会場をあとにしたのでした。
いくつかのメーカーブースではキャンギャルもいてウッシッシな感じでした。特にジャッカルにいた子って、確か去年もいてカワイイと評判だった子じゃなかったっけか。去年は雑誌でしか見てなかったけど、今年は生で見れたのでよしとしよう。(*´ω`*)
写真撮ろうと思ったけど、取り巻きみたいな雑誌取材の連中とかがいたのであきらめ。

……と思ったらジャッカルのサイトに今日の写真載ってるじゃん。:-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.14

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

前回の釣行での不注意でロッドを折ってしまってから約1ヶ月弱、ようやっとニューロッドがワタクシの手元にやってきました。店頭で買うより通販の方が安いので、こちらで購入。
2005011401今回入手したのは、前々からほしいと思っていたシマノ カーディフ。今まではコレよりワンランク下の「トラウトワンXT」の60SUL(6.0フィートでスーパーウルトラライト:ロッドの柔らかさのこと)を使っていたが、悩みに悩んだあげく今回もそれと同じ60SULをチョイス。ホントはカーディフを買うときにはさらに柔らかい、フニャフニャのXUL(エキストラウルトラライト)にしようと思っていたが、それはあくまでもSULのロッドが手元にあった上で、スプーン専用ロッドとして入手する予定だったわけで、今回のようにロッドの買い直しとなるとちょっと話が変わってしまう。

XULロッドは竿にかかる力をほぼ完璧に吸収してしなやかに曲がってしまうその特性上、繊細な釣りを要求される軽いスプーンしか扱えず、トゥイッチング(チョンチョンと小刻みに引くこと)などのロッドアクションが必要となるミノー(小魚の形をしたルアー)などプラグ類はマッタク使えない。どちらもある程度使えるSULがあった上でXULを持つならよいが、XULだけとなると遊べる範囲が狭くなってしまう。そんなわけで今回はSULをチョイス。大してやりはしないが、やっぱミノーも投げたいし。
しかしXULロッドもあきらめているわけではないので、そのうち手に入れようかと。

手にしたカーディフをいそいそと開けて試しに振ってみると、同じSULロッドなのに前のヤツに比べてしなやかさが違う。おおーしっくりきますよ?こいつはいい。

およそ1ヶ月の沈黙を経てようやっと刀を手に入れました。
年も明けてしばらく経ったことだし、そろそろ釣り初めをしないといけませんね?


#興味ない人にはワケワカメの話題でスマソ


| | Comments (0) | TrackBack (0)