2005.05.31

バラ園

初夏の気分を味わうべく、週末に京成バラ園に行ってきました。
確かココって、むかしデイリーポータルZの特集で紹介されていたっけ。
2005053101夕方から夜のライトアップ時間帯に行ってきたわけですが、結論としては昼間に行った方が良かったかも。陽光の下で見た方がバラも映えるし、園内にある池とその周辺は、暗くなると危険ということで立ち入り禁止になってしまうし。過去に死人とか出たのかしら?(笑)
当たり前だが右見ても左見てもバラばかりで、世界を革命せんとするウテナな気分を満喫してきたのでした。:-)

バラ園の向かい側に、「釣り堀太郎」なるチェーン店らしき全天候型(要するに室内)釣り堀を発見。迷わず入る(笑)。
広めのプールにコイが放されていて、タックルはマスバリを結んだ簡単なロッド、それとコイ・ヘラ釣りでおなじみのダンゴ、あと手拭き。男性1時間1100円だった。

50upで景品がもらえるらしかったのだが、惜しいことに上げたのは46センチどまり。
連れのヘルプとかしながら、1時間でコイが3本でした。

エサ釣り(ダンゴ)はなんだかんだ言って手が汚れるから、フラッと入るにしてはちょっとツライかな。取り込んだコイも暴れて水しぶき飛ぶし。
やっぱルアーフィッシングの方がいいや。(´∀`)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.05.28

だし茶漬け えん

午前中、仕事で初台に行った帰りに、新宿ルミネ地下2階にあるお茶漬け屋「だし茶漬け えん」に行ってきました。
一緒に行った人と前にルミネをぶらついていたときに気になっていた店で、「次に仕事で初台行くときには帰りに絶対寄ろう」と考えていたお店。

カウンターだけの小さな店ですが、メニューはなかなかおなかの鳴るようなものばかり。
とりあえず今回は「蒸し鶏と青菜のだし茶漬け」の大盛りをチョイス。

だし茶漬けというだけあって、お茶な感じは全くないのですが、サラサラと食が進んでウマイ。
夜食べると正直物足りないですが、お昼ご飯としてはなかなかいいと思います。オススメ。

しかし…茶漬けをさじで食べるのに妙な違和感を感じるのはボクだけでしょうか?
二口三口さじで食べたあとに、なんか我慢できなくなって箸でかっ込んでしまいました。

…育ちがでますね(笑)。


・だし茶漬け えん
http://www.souzai-en.com/304.asp

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.05.09

GINZA WINE HOUSE

GW最終日は銀座でワインをカパカパと飲んできました。
とはいえワインに詳しいメンツなんぞ誰一人いないので、メニューの説明文でよさげのものを適当にチョイス。銘柄なんぞ知るわけなく(笑)。
すっきりとした味わいでおいしかったです。

しかし…行ったメンツはワインに似合うかというとそうでもなく、メローな雰囲気も何もなくひたすら飯食ってワイン飲んで談笑
ま、酒ってのはこんな感じで飲むのがいいんでしょうな。バカ騒ぎせず世間話を適当にしながらグビグビと。

キッチュなジョークを差し挟みながらトークを展開してゆっくり食事を…って感じではなかったですが(笑)。


・GINZA WINE HOUSE
http://r.gnavi.co.jp/g011400/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.14

マジックバー

2005031401先週の金曜日に、マジックバーにショーを観に行ってきました。バーといってもやっている場所はフツー(?)の美容室で、夜になると2~3ステージのサイクルでマジックバーになっているらしく。
実際に行ってみると、美容室の入り口近くのカウンターがステージになっていて、そこにみんなでかぶりつき状態で鑑賞するわけです。狭い上にステージは目の前のカウンターなので、その場のマジックにどんどん引き込まれていく。
自分も最初の2つぐらいまでは「タネを見抜いてやろう」とじっくり見ているわけだが、分からない上にそんなことしてたら楽しめないと思ったので途中からは純粋にその場の雰囲気に浸って楽しむこととしました。

んで↑の写真は、ショーの最中に頼まれてトランプに描いた犬の絵。
コレを山札の中に入れて、犬用のガム(骨の格好したヤツ)で山札の一番上を叩くと、そのガムに惹かれてこの犬の絵が描かれた札が必ず一番上にきている、というもの。
こうやってマジックのステージの中に引き込まれていくと興奮度もまた違いますなぁ。

しかしこの絵、うまいと褒められたものの、冷静に見てみると犬じゃねぇ(;´Д`)。縦に鼻筋の通った犬なんていないっちゅーの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.02

「ざうお」で「フィーッシュ!!」と叫んでみるの巻 その2

ぬ、またもや日が経ってしまいました。

2/26の土曜日に、最近PSPへの動画変換で有名となったツール「携帯動画変換君」の作者様の家に数人で遊びに行く企画がありまして。

昼間はPSPやらDSやらをぬるぬると駆使して、屋内での不健康っぷりを存分に堪能したり、作者様自作のヘッドマウントディスプレイに動画を映してウヒョヒョという気分になったり。
そしてまた、変換君の苦労話(コレがまたタイヘンというかヒドイものもあったりするらしい)も聞いたりと、休日の昼下がりにアンニュイなひとときを過ごしました。


んで夜は、「ざうお川口店」に6名ほどで押しかけ、王様こと村田基ばりの「フィーッシュ!」と叫ぶ会になだれ込みました。

17時半に店に入って釣行開始(違う)。
最初はプレッシャーがかかっていないせいか、2投目で横から走ってきた魚が仕掛けをくわえる。その状況がはっきりと見えるサイトフィッシングの状況下だったので、ちょっぴり興奮してワタクシ管釣りばりの鋭いフッキングでアワセました(笑)。
そんなわけで一緒に行ったメンツの誰よりも早く1匹目ゲトー。:-D~~~

釣れだすと血が騒ぐというかムズムズしてきておもしろくなってしまい、1匹目の魚のお造りを注文してすぐに仕掛けを作ってキャストを開始してました。そんな調子だからまた数投目で2匹目をゲトーしてしまう始末。(笑)
しかしあまりたくさん釣ってしまうと金がかかる(リリース禁止なので必ず調理しなくてはならない)&他の人の釣った分も含めて大量の魚がテーブルに並ぶことになるため、ワタクシは他の人の釣りを見ながらビールを傾けて小休止するのでした。

この日は結構爆釣気味で、みなコンスタントに釣れていました。ワタクシはこのあとさらに1匹を釣り、この日の釣果は3匹+サザエの引っかけ釣り2個、というものでした。

いやぁ、たまには船からの釣りもいいもんですなぁ。(チト違う)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.02.14

川治温泉で湯治

2/11~12にかけて、川治温泉方面で湯治&観光に行ってきました。
竜王峡で寒風吹きすさぶ中渓谷を歩き、また日光に出て東照宮&輪王寺の派手な色遣いにウットリしたが、ちょっと色酔いしたかもしれず(笑)。

そして例によって面倒なので写真だけうp。:-)


2005021401
20050214022005021403
200502140520050214042005021406


それにしても日光寒いです。(;´Д`)
ちぢみ上がりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.15

昇仙峡

談合坂。雲一つないや。
2004111301.jpg

会社関係のイベントで、山梨の昇仙峡に行ってきました。先週から2週連続で山梨だわ。
まだまだ紅葉は本番ではなかったようで、まばゆいばかりの紅葉、という訳ではなかったけれど、場所が場所だけになかなかの見応えでした。

2004111302.jpg2004111303.jpg
構成考えるの面倒くさいので、写真うpして今日はおしまい。:-)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.10.20

【鹿沼】管釣り&BBQ【宇都宮】

先週の土日に、ビギナー3人を引き連れて管釣りに行ってまいりました。
ただ管釣りでひたすら釣るだけ、ってのはツライので、BBQなんかをオプションでつけたツアーを企画。

んで行ってきたのは、栃木県鹿沼市にある「レイクウッドリゾート」。王様もオススメの、景色よしバーベキューうましな管釣り。その他様々なところで集めた噂や情報でもおおむね高評価で、初めてではあったけれども行ってみることにしたのでした。
特にバーベキューは、ネタの仕込みをあらかじめいろいろやってくれるので、材料を買い込んで現地へ、ということもなく手ぶらで行ってそのまましゃれ込めるわけです。

東北道を北上して一路鹿沼へ。出だしが少し遅かったので、10時半過ぎに現地に到着。
バーベキューがあるとはいえとりあえず「管釣り」なので、ワタクシはいそいそとタックルの準備をして受付。ほかの連中にはレンタルタックルを渡して、池へと降りる。天候は曇天で気温はやや低い。
2004101906.jpgやや広めのポンドとはいえ、休日の昼前ということでそこそこの人出。なんとか4人が並べる場所を確保して、とにかく基本のレクチャー。キャスティングからリトリーブまでの一連の流れを教え、あとは身体で覚えろという感じで基本は放置(笑)。

周りを見渡すと、たまに釣れる人がいるんだが連続ヒットとか間断なく釣れる人が見あたらない。そして我々にもアタリがない。むぅ活性低いか?もしくは超クリアウォーターで魚がスレてるかしら?
…などと思いつつスプーンを変えタナを変えいろいろ試しているうちに、連れの1人にヒット!これが彼にとって初めてのヒットだったので何をやればいいのかよく分からずアタフタしてる。
とりあえず竿を立てつつ魚を岸まで寄せて、ラバーネットで取り込もうとしたところで残念ながらバラしてしまった。
ぐは残念。まぁ魚の引きを体験できたのでよしとしよう。

2004101907.jpgさてさてそうこうしているうちにおなかが空いてきたので、受付に頼んでバーベキューを開始してもらう。材料の準備のみならず、火興しなどもあれこれやってくれるので我々は周りの景色を見ながら準備完了まで待つ。ん~、それにしても空気の旨いところだ。:-)

炭に火が入って準備が整ったところでバーベキュー開始。豚のスペアリブや厚切りのベーコン、裏の農園で取れたばかりの朝づみのシイタケなどをジュージューと焼き、はふはふとほおばる。激烈うまし。(`□´)
肉は厚切りだしシイタケも肉厚でジューシーだし、言うことないです、って状態。
またグラタンも運ばれてきて、食の進む我々によってあっという間に懲らしめられてしまった。

これだけでもウマイっていうのに、なにやら脇のほうではダッチオーブンが炭を載せられて沈黙している。コイツには何が入っているというのか…。
2004101904.jpg網焼きのものを食べ終わるころにご主人がやってきて、おもむろにダッチオーブンをあけると、中にはまるまると太った鳥がタマネギやジャガイモと一緒に足をたたんでお行儀よくしていました(笑)。

ホカホカと湯気の出ている鳥にナイフを入れてみるとコレが柔らかい!さくさく切れるですよ。しかしながら外の皮はパリッパリ。こいつぁオレたちが「うまい」と思わず言ってしまうという、まさに定番コースではないですかッ!(゚∀゚)
この鳥料理に加えて、今まで温存していたガーリックトーストを網でかるく火にかけたものと一緒にいただくとコレがまたウマイの何のって。ダッチオーブンの中の残り汁をパンに付けて食べてもよし、鶏肉と一緒に食べてもこれまたよし。
前のバーベキューも合わせてそれなりの量があったわけだが、みなペロリと平らげてしまったのでした。

一応この管釣りのウェブページなどでは「手作り石窯で手作りピザを体験してみましょう!」なんて書いてあって、ウチらの隣で別のグループがピザ焼きをやってる。
しかしウチらはココまでたっぷりいただいたし、鳥料理とガーリックトーストでシメだよな、と思っていた。事実それなりに腹一杯だったし。
しかし別グループがピザ体験が終わってから、ご主人我々にひとこと。

『ハイ、石窯空きましたんでピザのほうどうぞ~』

ナニー!まだメニューは終わってないのか!(笑)
メンバー全員、一瞬ぎょっとした顔をしながらも興味津々ではあったので石窯の前まで移動し、初めてのピザ作りのレクチャーを受ける。
2004101903.jpg実際に作れる量は、手のひらよりちょっと大きいぐらいのサイズが2つ程度作れるぐらいだったので、自分ともう1人がチャレンジ。
手に小麦粉をつけ、できるだけ薄くのばしたピザの生地にピザソースを塗り、その上にチーズや具を載せてできあがりなのだが、生来のぶきっちょなので生地をのばすのがこれまたタイヘン。むかし陶芸の体験をやったときにも思ったのだが、「まんべんなく均等な厚さに、そして円形に」というのがヒジョーに難しい。
結局できたのは、名古屋で食える「わらじとんかつ」みたいな楕円形の代物となってしまいました。(;´Д`)
もう1人はうまく作ってるのになぁ。こういうときに自分の腕のなさを痛感するのでした。

ま、焼けばうまくなるさ☆ってことで、石窯へドキドキの投入。これがまた緊張の一瞬。崩れたらサイアクだし、うまく窯の中に滑るように入れてあげなくてはならない。何とか成功。

んで焼くこと数分、できあがったピザは生地もふっくら、焼き色もいい感じで初めて作った割にはいいデキでした。:-D~~~

これだけ食って、(金の話をするのも何なんだが)1人あたり2200円ぐらいなんだよなぁ。めちゃくちゃ安い。釣りせずにバーベキューだけしにくるのもいいかも。
それにココにはドッグランフィールドがあって、連れてこられた犬がリードなしではしゃぎ回っている姿を見ることができてこれまた可愛いんだわ。いろいろな意味でいい場所です。

2004101901.jpgそのあとも釣りを続け、連れて行った初めての3人のうち、2人にヒットさせることができて一安心。しかしながらもう1人に釣らせることができなかったのがちょいと残念だったが、彼女自身も満足していたのでよしとしよう。
自分も釣れたには釣れたけどバラしたりしてしまって、ちょいと消化不良気味かも。うぬぅ。
日も暮れたころにロッジに入りコーヒーをいただく。日が陰ってくるととたんに寒くなるのでこのコーヒーはありがたい。そしてすっかり暗くなった6時前に現地をあとにしたのでした。


んでもってそのまま宇都宮市内の安宿に宿泊し、2日目突入。
やはり宇都宮に来ているからには、餃子を懲らしめないわけにはイカンだろうということで作戦決行。有名な「みんみん」本店を攻略することとした。

EZナビウォークを持つ友人の先導で店に着くと、やはり長蛇の列。
30分ちょっと待って店に入り、焼餃子・水餃子・揚餃子とライスを注文。焼餃子が速攻出てきたのにはちょっとビビった。
一口ほおばると、やはり列ができる店だけあってウマイ。特に派手なギミックというか、客を引き寄せる外観や奇天烈な何かがある訳じゃないんだが、口に入れるとジンワリと「あー、コレは確かにウマイ」というのを体感できる。あっという間に3種類、計6皿を4人で平らげ、さらに焼餃子を追加注文。ハァ、幸せ。(*・∀・)-3

ひとしきり夢のような餃子タイムを堪能し、ふくれた腹をさすって店を出る。
いやはや、どうして我々が「懲らしめてやる」と常々思っているモノに、こうもコテンパンにやられてしまうのか。疑問ですな。:-)

てな感じであとは宇都宮市内を循環するバスに乗ってサラッと市内を見て回り、日も落ちかけた4時半ごろ、さんざん楽しませてくれたこの地をあとにしたのでした。こりゃまた行ってもいいかも。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.09.21

ピザの気分か、はたまた洗濯物か

あー、もう2日も経ってしまったよ。(;´Д`)
3連休の中日となる19日に、6人で徒党を組んで富士急ハイランドへ行ってきました。通算コレで3回目。
初めての回は「フジヤマ」登頂、2度目は「ドドンパ」体感スピードの上限を更新(笑)とこなしてきたので、今回の個人的な目的は「トンデミーナ」を攻略すること。コレですよ。

朝7時40分過ぎに新宿駅西口に集合し、8時10分の高速バスで中央道をひた走り一路ハイランドへ……のはずなんだが、いやはやさすが連休のど真ん中だけあって、中央道下り線は八王子を過ぎるまで35キロの渋滞。ぐはぁ。まぁある程度予想はしていたんだけど。おまけに自分が運転するんじゃないから別にいいや状態で、バスの車内でグースカと寝てました。

2時間で到着する予定が大幅に遅れ、現地到着は12時(笑)。現代の旅でも小仏の峠越えは4時間かかるのだよ!

ハイランドに入ってみるとこれまた人大杉。「富士通沼津工場殿主催なんたらかんたら~」とか、社員を招待しているところもあるみたい、ガキ様とパパママと、そしてなぜか外国の人がわらわらと。この外国の人たち、意味を理解しないでヘンチクリンな漢字のTシャツを着ているからこれまたおもしろい。:-)

そしてついに、ヤツの前にやってきた。ハイランドの中でひときわ異彩を放つ、太い腕を振り回しているナイスなアイツ。腕の先からは悲鳴がひっきりなしに聞こえてきますよ?2004092001.jpg
「フジヤマ」や「ドドンパ」が軒並み3~4時間待ちとかいうふざけんな状態の中にあって、コイツは長蛇の列ができているものの、なかなか良心的に1時間半待ち。まぁ「定員 50名」とかだから回転率がいいのだろう。
そんな大人数が一度にぶん回されているのを見つつ談笑していたのですが、並んでいる最中にもこれまたイベントが。小一時間ほど並んだ頃だろうか、もう間近でトンデミーナの挙動が確認できるようになったとき、自分たちの後ろの、大学生らしき男3人/女3人のグループがにわかにやかましくなった。どうやら女性の1人がとたんにチキンになったらしく、渾身の力&持てるボキャブラリーのすべてを使って仲間にリタイアを訴え続けているようだ。コレがまたおもしろい。

「イヤイヤイヤダメダメダメ!あたしあんな風に浮いてるのダメなの!ほらみんな悲鳴あげてるあたしダメこういうのダメ!!」(ほかの女友達は逃げようとするこの子を身体全体でブロックして、怖くないと説得を続ける)
「こんなのに乗ったらチビッちゃうから!あさってから学校行けなくなっちゃうよーッ!一生のお願い!今日一日の一生のお願い!!!」(なんだそりゃ)

横で聞いているこっちは大爆笑。自分たちの番が回ってくる30分間ずっとこの調子で、この子もガードしている女の子も汗だく。結局この子は乗る直前で友人の強硬なブロックから解放されていた。ぬぅ、ウチらのグループだったらそんなことは絶対に許されないのに。裏切りは死あるのみ、ですよ?(笑)

そんなイベントで心を和ませていると、我々の番が回ってきた。ウチらは喜び勇んで乗り込む。
そしてついにコイツの太くてゴツイ腕でぐりぐりとかき回される!ひぎぃッ!座っている円形の部分がグルグル回る上に左右に振り回されるので天地が分からなくなる!空が見えたり地面が見えたり。うははコイツはおもしろいッ!

体験終了。やべぇコレ最高。オイラは笑いしか出ませんでしたよ?つーかまた乗りたい。ピザとか、洗濯機の中の洗濯物はあんな気分なんだろうかねぇ。
ウチらが振り回されているのを、端の方で例のリタイヤした女の子が見ていました。空中からでも泣きそうなその顔がはっきりと確認できました(笑)。

このあとは「グレートザブーン」も体験。ポンチョを購入して乗り込むのだがお約束通りずぶ濡れ。特にメンバーのうち2人は水をかぶる直前(下り坂で加速がつく)でポンチョのフードが外れてしまい、モロに頭から水をかぶる。うはは哀れ。:-)

2004092002.jpgそうこうしているうちに日が暮れてきて、帰りの時間が近づいてきた。今回は待ち時間が異常な状態だったので、定番である「フジヤマ」と「ドドンパ」を再攻略できなかったのは残念ではありましたが、コレはまた次の機会に。
……と、ココで終わればいいのですが、やはり帰りも渋滞(笑)。大月JCT~小仏トンネルまで2時間。もうねアホかとバカかと。

そんな感じで、行きに比べて1時間少なかったが都合3時間かかって新宿駅に到着し、飯食ってめいめいの帰路につく我々でありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.06

仙台

2004090502.jpg9/1~9/2にかけて、仕事で仙台に行ってきた。
しかしまぁ何というか、仕事の方は早い話が「オレなんていなくても十分なんじゃねーの?」って状況だったので、こっちはこっちで会社の金で適当に楽しむこととしました。:-)
てなわけで、夕方の新幹線に乗り、18時半すぎに仙台駅到着。会社と提携しているホテルは満室だったので、事前に自力で探したココ。どうやら元は老舗旅館だったみたいで、ホテルの雰囲気もなかなかよく、設備も新しい。部屋キレイだったし。
何よりも24時間入浴OKな風呂がついているところがデカイのでした。やはり風呂ですよ。人生ココに極まれり。( ´∀`)

到着して早速、「るるぶ」のマップを片手に牛タンを懲らしめに出発。
事前に「うまいので行くべし」と聞いていた「味 太助」へ向かい、牛タン1.5人前定食と中ジョッキを懲らしめにかかる。

………激しくウマイ。懲らしめるはずが懲らしめられました。手屁。
この辺で食うヤツと違って肉厚ですよ。あとタンの腹の部分というかボディ部分に加えて舌先の部分も出してくれるので、1.5人前だと結構な量になる。最後はビールのつまみとして懲らしめ…られました。(*・∀・)-3 ハフゥ

んでもって翌朝は、ホテルの「仙台駅までお見送りサービス」(ホントは行きも電話すればお出迎えしてくれた)を利用。エルグランドでブブーッと駅まで。超快適っすよ。さすが自称ファーストクラス(笑)。

仕事はたいしたことなかったので割愛。端的に言うと「激しくヒマ」。以上。

この日も昼と夜に趣向の違う牛タンを堪能。
昼は向かいの「利休」で「牛タン プロバンス風」なる奇天烈なものを食べました。まぁうまかったけど香草で臭み消したな、ってのがわかる味。
夜は仙台駅の「牛たん通り」で「牛タン味噌焼き定食」を。コイツもまぁまぁうまかったけど、総合すると普通の牛タン焼きが一番うまいなぁ、とふくれた腹をさすりながら東京行きの新幹線に乗り込むのでありました。

| | Comments (8) | TrackBack (0)