2005.05.09

0507すそのフィッシングパーク

2005050802GW最後の連休は管釣りで気分の高揚をさせよう、ということで、静岡県裾野市の「すそのフィッシングパーク」までやってきました。今回2度目。

午後券(12:00~21:00)での釣行でしたが、この時間になるとやはりスプーンへの食いつきが悪くなります。
ということで、今回初登場となるダイソーの100円ルアーをキャスト。クランクベイトをチョイスして、深場をコツコツと探っていくと、底の方で横から走ってきたデカマスがクランクをひったくってバイト。

すかさずフッキングしたら、コイツがまた走る走る。ドラグが鳴りまくってなかなか寄せられない。ヒィ。(;´Д`)
5~6分ほどバトルを繰り広げてようやく手元まで寄せられたので、自分の手持ちのランディングネットに入れようとしたが…うわでけぇ!楽々40オーバーっすよ!

釣り場に常設してある大きめのネットを使ってようやっとゲットすることができました。ふぅ。
それにしても100均のルアーでゲットできたってのもなんか複雑な心境。

2005050801

ちなみにそのクランクベイトは、このファイトが終わったあとにキャストしたらまた別の魚をヒットさせることに成功したのですが、フッキングさせたら見事にラインブレイクしてロストしました(笑)。やはり大物とのファイト後にはラインチェックはさぼらずにやらないといかんなぁ。


その後釣り場のストリームエリアにスプーンを通したら、15センチくらいのこばっちいニジマスが束になって追いかけてくるような状態で入れ食い。こうなるともはや釣りじゃありません(笑)。
2005050803そんななか、ストリームの中で小さな滝状(小さな段差から水が落ちている)になっている箇所にスプーンを通したら、でかく成長したイカツイ顔のイワナがヒットしました。
「もしかしているかしら?」と考えて、滝壺部分から引いてみたら案の定。イワナはこういった流れの中や滝の下にいたりするので。それにしてもおっかない顔してる。

そんな感じで、以前の釣行時にもヒットしたブラックバスも時々ゲットしながら、おしまいまでの時間を満喫したのでした。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

2005.04.17

【0416】すそのフィッシングパーク【バスも釣れた】

昼過ぎからふと思い立って、静岡県裾野市の管釣りまでイテキター。しかし写真撮ってくるの忘れた。

崖下に作られた釣り場なので自然の雰囲気抜群で、ポンドも広いし魚の活性もそこそこ高い。
岸際のブレイクにスプーンをゆっくり通していたら、何となく違和感があったのでアワセてみたら、40オーバーのホウライマスが食ってて。コイツがまた走る走る。上げるのに5分近くかかりますた。

あとバスも放されてて、スプーンにたまに食ってくる。トラウトのアタリと全然違うから違和感があるなぁ。ラパラのCD3とか投げても食ってきました。
思いがけず今年の初ゲットバスしてしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.04

【0402】BIG ROCK Fishing Field【イワナ釣れた】

2005040401今回は茨城(限りなく栃木に近い)の「BIG ROCK Fishing Field」に行ってきた。
天気もよくて気持ちよく釣りを堪能することができた&それなりに釣れたが、昼前の時間にパタリと止まった食い気をどうするか、というところに課題がー。もうちょっと釣り方の研究が必要だと実感したのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.23

【0319】柿田川フィッシュストーリー【景気づけ】

3連休初日に管釣りに行ってきました。

ホントはすそのフィッシングパークを新規開拓してみようと思って前日早寝して、当日4時に起きたんだけれども、花粉症で鼻ズルズルで目がむくんでてとてもじゃないけど起きられてものじゃない状態でして。
仕方なく薬飲んで1時間さらに寝て、5時に起きて準備を開始しました。

朝食とったりなんだりして出発が6時半ごろになってしまった。
東名用賀インター目指して環八を走っていると、多摩美大前あたりから渋滞がはじまり、そのまま瀬田をこえて東名入り口前までもずっとノロノロ。もうこの時点で7時半になっていた上に電光掲示板に「東名川崎-厚木 渋滞12km」なんて表示が出ていたのでもうやめるかムードだったんですが、もったいないのでそのまま高速乗りました。

2005032301今回は柿田川フィッシュストーリーのスタンプカードがいっぱいになったので、3時間券ならタダということで、本来ならばすそのフィッシングパークを5時間券で新規開拓したあとに、夕方~夜の柿田川をタダ券で楽しもうということにしていたんですが、途中の渋滞を抜けた時点で8時半を回ってしまった(どちらの管釣りも8時から営業…この時点で朝の食いのいい時間を逃してしまった)ので、今回は新規開拓をあきらめて実績ある柿田川の方で数釣りして景気づけしようと方針を転換したのでありました。まぁ今年初だからいいか、と。
果たして1日券が4500円→2100円となり、数釣りを堪能&暴力的なまでに元気なマスたちに翻弄されてまいりました。:-)

帰りは一休みして、高速乗らずに延々と国道246号線をひた走って帰ってきました。
翌日結婚式出席で大枚飛んでしまって金欠になるので、支出を抑える目的で(笑)。


---
この管釣りのスレが2chに立ってるのね。
なんだかんだけなしながらもこの釣り場好きなヤツが集まってるんだなぁ、と思わせる書き込み内容が微笑ましい。(´∀`)

KFS【柿田川】ヲタ集まれ!
http://sports7.2ch.net/test/read.cgi/fish/1105009278/

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.02.08

【0205】マルミフィッシングエリア【釣り初め】

今年の釣り初めとして、大型のドナルドソン(ニジマスの改良種)しかいないということで評判のマルミフィッシングエリアに行ってきました。
釣り初めなのにまだ行ったことのない管釣りに、というのがちょっと気になるところではあったが、とりあえずデカイの釣りにいくべ、ということで友人と検討した結果ココに決定。
20050208013時半起床、4時出発で友人宅へ向かうも友人寝坊。その時点ではまだ時間に余裕があったが、今度はワタクシが道間違える(笑)。首都高~京葉道路~東関道と流すはずが、ボケッとしていて途中の分岐看板見逃して、千葉東金道路に入ってしまいました。(;´Д`)
途中のインターで降りるも、「ココどこ?」状態。地図を見ながらリカバリし、東関道富里インターまでやっとこ出る。いやはや、茨城は波崎町まで行くのに何でこんな時間かかってるんだか。

んでやっとこ釣り場について釣行開始。
駐車場に停めてタックルセッティングしているときには、天気もよくて暖かいと思っていたが、いざポンドに出てみるとめちゃめちゃ強風。管釣り自体が利根川の土手沿いにあるために遮蔽物が全くなく、風が容赦なく吹きすさぶ。
風上にキャストしたらラインが自分の後ろに流されるような状態(涙)。こうなると風上側に立ってキャストするしかなく。
2005020802ポンドは複数あるもこの状況下ではポイントが限られてしまいちょっと欲求不満気味。風のせいかそれほど客が多くなくていいのだが、とにかく寒い。めちゃくちゃ寒い
この風はキンキンに冷えた北風なので、体温をとにかく奪う。これではタマランのでクルマに戻って、用意していたピチパツのタイツをインナーとして履く。妙に締め付けられる感覚が気になってなんかヘンな気分に。(´ω`)

しかしタイツの効果は絶大で、吹きすさぶ強風にめげることなく釣行を続行できた。ただ気合いだけ入れてないと、風に押されてバランスを崩して、ポンドに落水しそうなことが何度もあった。そのぐらいの突風がびゅうびゅう吹く中、とりあえず今年最初の1匹をあげることができたのでした。

今回は初めてドナルドソンを釣ったのだが、ほかのニジマスやトラウト系と違って、アタリや引きが何というか「重戦車」って感じ。機敏な動きがない代わりに、ゆっくりながらも力強い引きでドラグがよく鳴った。
特大サイズをあげることはできなかったものの、この引きを体験できただけでも釣り初めにふさわしい釣行であったといえよう。

あと噂には聞いていたが、釣り場の雰囲気は何というかヘンな感じでした。その一端は↑の看板(というか土管?)にしたためられた一筆に現れているのではないかと。
この字体の看板や注意書きがそこら中にあって、しかもたまに誤字があるし。「罰せられます」が「罪っせられます」とか書かれているのにはちょっとほほえましく思ったり。:-)

しかし総合的にみるとやはり物足りなさはあるので、次は柿田川フィッシュストーリーで景気づけの数釣りに行こうと思ってオリマス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.21

【ロッドが】1219みどりフィッシングエリア【ポッキリ】

今年最後の釣行。選んだエリアは栃木県大田原市の「みどりフィッシングエリア」です。

田んぼの真ん中の砂利道を越えていき、着いて見てみたらまぁすごい人出。ポンドは広くていいんだけど、なんか近所のおっちゃん連中が晩のおかずをかけてだか何だか、フライでバシバシ釣りまくってる。対してスプーンやハードルアーで臨む人たちはそれほど釣果があがっていない様子。

何となくイヤーな予感が頭をよぎったがココまで来てそんなこと言っててもしょうがないので、やっとこ見つけたスペースで釣行開始。
始まって数投、やっぱり反応薄…スプーンのカラーを変え、タナを変え、いろいろと考えてみるもなかなかアタリがない。うぬぅ。

結局午前中3時間半ほどで3本という寂しい釣果。しかも、竿先に絡んだスプーンを無精して振って取ろうとしたら、ティップの部分にスプーンが当たって竿先がポッキリ折れてしまいました。(;´Д`)ギャーン
今までいろいろと楽しませてくれたロッドだったのに、ヒジョーに残念です。仕方なく12時半過ぎに泣く泣く納竿。

竿を買い直さないとイカンなぁ。どうすべ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.07

【1206】高萩ふれあいの里フィッシングエリア

2004120601.jpg管理釣り場でのエリアフィッシングシーズン到来。
というわけで、関東近郊ではその名が知られている「高萩ふれあいの里フィッシングエリア」に友人と2人でチャレンジ。
前々から一度行ってみたいと思っていたのだが、茨城県北部の高萩市というロケーションでなにぶん遠いもんだから、ココに行くなら1人では行かないと考えていたので、今回がちょうどよい機会となった。

寝坊&首都高の渋滞のおかげで現地到着は若干遅め。常磐道高萩インターを下りて、山道・砂利道&やたらと多い牧場からの牛糞臭を堪能しながらようやっと現地着。ここホントに山の中だな。道ばたに街灯がほとんどないようなロケーション。
いそいそとタックルの準備を整え、戦闘準備完了(笑)。我ながら怪しい格好。

2004120602.jpg2.5gのスプーンをローテーションの中心にしてやや中層~ボトムをスローに引くと、なかなかコンスタントにバイトがある。その数回は残念ながらバラしてしまったものの、まぁまぁの釣果をあげることができて個人的に満足でした。:-)
この釣り場では、釣った魚を1匹100円で塩焼きにしてくれるとのことだったので、今回初めて「ルアーで釣った魚をリリースせずにストマックする」ことにしました。この写真を撮った直後、管理棟に持って行っておいしくいただきました。(゚∀゚)ウマイ

その後は恒例の健康ランドでのひとっ風呂を浴びに、国道6号を北上して福島県いわき勿来方面に向かいました。
今回は「いわき健康センター」を利用。入り口に「極真空手いわき道場ご一行様」などと物騒な歓迎看板が掲げられておりました(笑)。

んで翌朝。
自分が寝ている間に関東地方では雨風がものすごいことになっていたらしく。こっちは大したことなかったので、NHKのニュース見てビクーリ。
2004120604.jpgそのまま小名浜港に足を伸ばし、港近郊の食堂で取れたての海の幸で朝ご飯をいただきご満悦です。
そのあとタラタラとしばらく国道6号を南下(高速代ケチるために高萩インターまで戻った)していると、北茨城市で絶景なポイントを発見したので急遽クルマを停めて、荒れ狂う太平洋の高波を見ながら思索にふける(嘘)。風が雲を吹き払っていたので非常に空が高く見え、12月とは思えない景色が目の前に広がっていました。

これからのシーズンはバンバン管釣りに行きたいところですな。すでにいくつか、次回は是非とツバをつけているところがあったりします。
…あとは懐との相談やね。(;´Д`)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.06

【苦戦】0904浅川国際鱒釣場【高尾】

ちょいと練習がてらに、高尾にある「浅川国際鱒釣場」に行ってみました。
とりあえず都内にあるし、思いの外遊漁料も安いし、ちょろっと行ってみるのもいいかと思って。しかしその反面、いろいろと情報を集めてみると「ココは結構難しい」というコメントばかり。
何でもポンドが小さく(サッカーコートの半面ないぐらい)、その上クリアウォーターなので魚がスレやすいとのこと。

とりあえずものは試し、胸を借りるって感じで11時頃到着。そこで釣行を始めるのだが…なるほど確かに難しい。最初1.5gのスプーンをカラーローテーションしながら投げていたんですが、スプーンに食ってきませんよ?おっかしいなぁ。
途中昼飯などを1時間チョイはさみ、雨に打たれながらやっていたがなかなかアタリがこない。一方でフライやってる連中はたまに釣れてる。んー表層意識してるか?と思って表層リトリーブしたりミノーを投げてみたりするけどいまいちピンとこない。

やべぇこのままじゃボウズだ、と危機感を持ちつつ、終盤でスプーンのサイズをアップさせる。1.5gから2.4gにサイズアップ。コイツをスローリトリーブしていると…キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
岸際のブレイク(カケアガリ:水中の傾斜面のこと)のところでやっと来ましたよ。このポンドのアベレージサイズが連続2本ヒット。はふぅ長かった。最初根掛かりかと思った(笑)。

てなわけでかろうじてボウズを回避し、17時半に納竿となったわけですが、もう少しパターンやメソッドをふくらまして釣行を行わないといけないなぁという反省材料になったのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.12

またも魚と戯れるの巻

2004071202.jpgさて、また管釣りに行ってきたわけですが。今回は堀田センセイと一緒に行くことにしていて、彼はバイクで行くとのことで現地集合となっていました。まぁこちらは気楽に東名を流しつつ、朝9時前に現地到着。
そしたらメールが1通。「寝坊しました。昼に着くように今から出ます」 ぬぅ、なんとなく予想どおりの展開(笑)。まぁそれなら、こちらは来るまでタラタラと釣っていればいいか、と釣行開始。スプーンを変えリトリーブスピードを変えキャストするポイントを変え、ポンドを変えているうちに、とあるポンドのとあるポイントに向かってキャストすると爆釣するパターンを発見。連続ヒットなどまさに入れ食い。:-D~~~ いやぁキモチイイですなぁ。

などと堪能しているうちに、11時半すぎに堀田センセイからメールが。「御殿場抜けたあたりで雨が降ってきました…足柄SAで様子見」 あらら。御殿場からほど近いこちらは、ちょっと雲は多いが晴れているのに。
…なんて言っているうちにこちらも雨が降ってきた。ぬぉ、なかなか強い土砂降り。いったん釣行を中断して雨宿り。その間にいろいろメールをやりとりしているうちに、「これ以上降ったりするとキビシイので引き返します」とのお答えが。む、せっかく一緒に釣り糸を垂らそうと思っていたのだが…。まぁ行きに雨が降ることは予想していなかったようで、おそらく結構濡れてしまったのだろう、気分が萎えてしまったとか何とか。

まぁそれをあれこれ言っても仕方ないので、こちらは雨がやみ次第釣行再開。相変わらず昼は渋い。時たま釣れるがそうそう連続はしない。
2004071201.jpgそうこうしているうちに日が暮れて、お待ちかねの夜の爆釣タイムがやってきました。相変わらずすごい。キャストしたら7割以上の確率でアタリがある。
しかしここが自分の未熟なところ。どういうわけかフッキングさせたものの多くを、手許で取り込む前にバラしてしまうのだ。ぐはー最悪!超悔しい。なんでこんなにバラすかなぁ。そんな状態でタイムオーバーの20時半を迎え、ちょっとフラストレーションのたまる終わりかたなのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.27

【またも】06260627柿田川~で夜討ち朝駆け【管釣り】

懲りずにまた柿田川フィッシュストーリーまで行ってきた。ココの旦那曰く、夜がよく釣れるとのことだったので、それを体験してみようと思ったわけ。前は7時ぐらいにもう疲れてしまって断念してしまったのだ。
というわけで今回は、昼に出発して午後3時に到着するようにし、営業終了の8時半まで5時間券で釣りまくろう、ということにした。

土曜であるとともに、近いうちにココで管理釣り場ドットコムのトーナメントが行われるので、その下見に来ているであろうプロ風の人たちでごった返していたが、その間隙を縫って釣行開始。昼からサクサク釣れる。キモチイイ。:-)
今までチェックしていなかったポンドが空いていたのでそこでもトライ。いつものレインボートラウトとは別に、ブラウントラウトもゲットできたのでホクホクです。
夜になったら噂どおりの爆釣モードに突入。前に体験したワンキャストワンバイト(要するに投げて巻けばヒット、が連続すること)も再来。しかし夜なので、照明が照らされていたものの着水点が分からない。昼間は偏光グラスをしていたおかげで見えたのだが、夜にこんなのつけてたら何も見えやしない。かといって外すと、どこにスプーンを落としたのかが分からない。まぁクルマの中に置いてあるメガネを取ってくればよかったんだが。

夜の数釣りを満喫して、この日の釣行は終了。
このあと、前回の釣行から気になっていた、東名沼津インターそばの「沼津・湯河原温泉 万葉の湯」へ。風呂でグデグデに。
ココは深夜3時を越えると追加料金が発生するので、最初は3時頃まで仮眠ルームでテレビでも観ながらゴロゴロしようかと思っていたが、ふと考えてみると、「このままココで朝を迎えて、明日朝8時に釣り場がオープンしたら朝イチで入れば、午前中の爆釣も体験できるじゃないか」という結論に。

…そんなわけで、結局沼津で朝を迎えてしまいました(笑)。ちょっぴり我ながらあきれてしまいます。
朝飯食べて、つい12時間前までいた管釣りへ。再び5時間券を購入し釣行開始。しかし最初はかなり渋い。前回爆発的ヒットを果たしたカラーが全然通用しない。スプーンを変え、リトリーブスピードを変え、タナを変えいろいろと試してみるが、前回のような爆釣とはほど遠い。ココの管釣りは朝にトラウトに餌をやるので、それで食い気がしぼんでしまうのかしら。
そうこう考えながら続けていると、10時前あたりから前と同様の釣れ具合になった。たぶんこの予想は合ってるんじゃないだろうか。別の池では、疲れてポンドの脇に座って適当にキャストしてもヒットするという状態までに。

てな感じで、土日で通算何匹釣ったか数え忘れるぐらい釣って、午後1時半すぎに現地をあとにしたのでした。これ以上遅くなると渋滞しちゃうしね。


うーむ、最近ココばっか行ってるけど、ほかの所も開拓せんといかんかのぅ。とはいえ夏の間は休業したりシーバスとか放流するところもあったりするし、条件のいい所じゃないとトラウトの活性が夏の間は低いだろうから、魚の状態がいい&とにかく釣れるココにばかり行ってしまうのでありました。

つーかあれか、練習などしとらんでさっさとブラックバス釣りに逝けってことですかね。(;´Д`)

| | Comments (0) | TrackBack (0)