« January 2005 | Main | March 2005 »

2005.02.22

スギ花粉30倍(前年比)

……なんか、今見ているニュースで恐ろしいこと言ってるんですが。

今年のスギ花粉は前年比の30倍近く飛ぶとか。
しかもそれが、春一番の吹く2/23、すなわち明日からブワァーっと始まるとか。


勘弁してくれ。(;´Д`)イヤーン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.16

来熊

仕事場で回ってきた、新聞記事のクリッピングで目に入った単語。

来 熊


   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | クマ──!!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

こういうこと?


どうやらそういうことではなく、熊本県に来訪することを「来熊」と言うらしい。
読みは「らいゆう」だそうな。

Googleで検索すると割とメジャーな言葉だと分かるが、


  • 常務来熊

  • 社長来熊

  • ダライラマ来熊


とか見てると、もうなんか冗談としか思えない(笑)。

ちなみに知人は余裕で知ってた。さすが脳内系年寄り(笑)はその齢に重ねられた経験と知識に裏打ちされたモノをお持ちでらっしゃるよ。ボキも負けていられません。(´ω`)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.14

ETC装着

ETCの車載器購入して装着しました。
これで高速の料金所で優越感に浸りながら通過できます。:-)

料金割引もあるので、釣行でちょくちょく高速に乗る自分としては重宝するかと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

川治温泉で湯治

2/11~12にかけて、川治温泉方面で湯治&観光に行ってきました。
竜王峡で寒風吹きすさぶ中渓谷を歩き、また日光に出て東照宮&輪王寺の派手な色遣いにウットリしたが、ちょっと色酔いしたかもしれず(笑)。

そして例によって面倒なので写真だけうp。:-)


2005021401
20050214022005021403
200502140520050214042005021406


それにしても日光寒いです。(;´Д`)
ちぢみ上がりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.08

【0205】マルミフィッシングエリア【釣り初め】

今年の釣り初めとして、大型のドナルドソン(ニジマスの改良種)しかいないということで評判のマルミフィッシングエリアに行ってきました。
釣り初めなのにまだ行ったことのない管釣りに、というのがちょっと気になるところではあったが、とりあえずデカイの釣りにいくべ、ということで友人と検討した結果ココに決定。
20050208013時半起床、4時出発で友人宅へ向かうも友人寝坊。その時点ではまだ時間に余裕があったが、今度はワタクシが道間違える(笑)。首都高~京葉道路~東関道と流すはずが、ボケッとしていて途中の分岐看板見逃して、千葉東金道路に入ってしまいました。(;´Д`)
途中のインターで降りるも、「ココどこ?」状態。地図を見ながらリカバリし、東関道富里インターまでやっとこ出る。いやはや、茨城は波崎町まで行くのに何でこんな時間かかってるんだか。

んでやっとこ釣り場について釣行開始。
駐車場に停めてタックルセッティングしているときには、天気もよくて暖かいと思っていたが、いざポンドに出てみるとめちゃめちゃ強風。管釣り自体が利根川の土手沿いにあるために遮蔽物が全くなく、風が容赦なく吹きすさぶ。
風上にキャストしたらラインが自分の後ろに流されるような状態(涙)。こうなると風上側に立ってキャストするしかなく。
2005020802ポンドは複数あるもこの状況下ではポイントが限られてしまいちょっと欲求不満気味。風のせいかそれほど客が多くなくていいのだが、とにかく寒い。めちゃくちゃ寒い
この風はキンキンに冷えた北風なので、体温をとにかく奪う。これではタマランのでクルマに戻って、用意していたピチパツのタイツをインナーとして履く。妙に締め付けられる感覚が気になってなんかヘンな気分に。(´ω`)

しかしタイツの効果は絶大で、吹きすさぶ強風にめげることなく釣行を続行できた。ただ気合いだけ入れてないと、風に押されてバランスを崩して、ポンドに落水しそうなことが何度もあった。そのぐらいの突風がびゅうびゅう吹く中、とりあえず今年最初の1匹をあげることができたのでした。

今回は初めてドナルドソンを釣ったのだが、ほかのニジマスやトラウト系と違って、アタリや引きが何というか「重戦車」って感じ。機敏な動きがない代わりに、ゆっくりながらも力強い引きでドラグがよく鳴った。
特大サイズをあげることはできなかったものの、この引きを体験できただけでも釣り初めにふさわしい釣行であったといえよう。

あと噂には聞いていたが、釣り場の雰囲気は何というかヘンな感じでした。その一端は↑の看板(というか土管?)にしたためられた一筆に現れているのではないかと。
この字体の看板や注意書きがそこら中にあって、しかもたまに誤字があるし。「罰せられます」が「罪っせられます」とか書かれているのにはちょっとほほえましく思ったり。:-)

しかし総合的にみるとやはり物足りなさはあるので、次は柿田川フィッシュストーリーで景気づけの数釣りに行こうと思ってオリマス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »